台灣留學を考えている皆さんへ

こんにちは。會長ののこのこです。
今日は真面目キャラです。普段僕のツイートを見てる人がこの文章を見たらぶったまげます。

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、僕は現在、台灣の大學に籍を置き大學生として生活しています。
皆さんがこのページをご覽になっているという事は、少なからず台灣の大學に興味があるということでしょう。
そこで今回は、台灣で大學生をしようかなと考えている皆さんに、僕から應援と激勵の言葉をお送りいたします。

1.台灣での生活が上手く行くか心配な皆さんへ

 


台北のヌシ。台北驛を通る時は彼への挨拶を忘れてはいけない。

 

殆どの人にとって、4年間もの期間を異國での生活に費やすという經驗は初めてのことでしょう。
台灣がどれだけ安全な國だと言えど、物騒なニュースを目にする機會は多々あるのも事實です。
そして、何事につけても失敗談の方が氣になってしまうのが人の性です。
インターネットに溢れている失敗談を見て、自分もこうなってしまうのではないか、と思ってしまうのは當然の事です。

そんな怖じ氣付いてしまっている皆さんに、一つの諺を贈ります。

「船到橋頭自然直」

船が橋の袂、船着き場に着けば自ずと真直になる樣に、
心配事があってもいざ實行してみれば意外とどうにかなるものだ、と言う意味です。
日本語では「案ずるより生むが易し」等と言われる場合もあります。

今、日本で普通の生活を送っている皆さんには、自分が言語も習慣も異なる異國の地でたった一人、
4年間も大學生をするなんて到底考えられないでしょう。
習った台灣華語で太刀打ち出來るのか、友達は作れるのか、食事は口に合うか、
授業に着いて行けるか、病氣には罹らないか、トラブルには巻き込まれないか、
等々の心配事が一度に書き切れない程に浮かんでいると思います。

實際、僕が台灣に來る前は正にそんな狀態でした。

しかし、あれから1年と少しが經過した今、當時あんなに惱んでいた心配事はほぼ杞憂に終わり、
最近は台灣が外國であるという事すら意識しなくなりました。
今の惱みと言えば…隣人が最近ずっと米津玄師さんのLemonを歌っていてやかましいんです!

朝起きてTwitterして朝飯食ってTwitterして大學行ってTwitterして昼飯食ってTwitterして晩飯食ってTwitterして寝る。
そんな日常が日本と變わらずに繰り廣げられています。ツイ廃ですみません。

僕の場合は幸いにも大學で友達に惠まれ、Twitterを通して更に樣々な方と友達になることができて、
毎日が本當に充實しているなーと思っています。

ご飯も近所の店を開拓して行くうちに美味しい店が澤山見つかりました。
言語は氣が付いたら日本語と台灣華語の境界線が無くなってしまいました。
バカなので風邪はひきませんし、トラブルもありましたが毎回力づくで何とかなってます。

普段うんことちんちんの話しかしてない僕ですらこんなに馴染めているんです。
この文を讀んでいる皆さんならきっと問題無く台灣での大學生生活を樂しめることでしょう。

もし台灣に來た後で何か困ったことがあったら、何時でも僕にTwitterから連絡してください。
困った時はお互い樣、相談には乘らせてもらいます。

 

2. 留學生って意識高い人ばっかなんでしょ?と考えている皆さんへ

 


わんわん!!わんわん!!

台灣の大學で學生生活を送っている日本人の樣子は、樣々なウェブサイトやTwitterを通して垣間見することが出來ます。
台灣に來ている日本人の多くは、こちらでの經驗を通じて樣々なことを考えるようになります。
日本と台灣の關係について、兩國の政治事情について、そして我々學生の在り方についても頻繁に議論が交わされています。
こんな樣子を見てしまうと、よっぽど頭の冴える人間じゃないと台灣ではやって行けないのではないか?
と考えてしまう方はきっと多いことでしょう。

實際、僕が見てきた中にも樣々な方が居ます。
日本はもうダメだと思い込んで台灣にほとんど逃げて來て、
日々台灣から日本に向けて日本が全て惡い!こんな國滅びてしまえ!と恨み節を發信している方、
台灣の政治について延々と終わりのない討論を續けている方から、
學生で起業して二國間を飛び回っている方、テレビやメディアに出演して日本の魅力を發信している方まで、
その多樣性は計り知れません。

留學生の傾向をまとめてみると、色々な物事に言及して議論するが別にそこから何か出てくる訳でもない「意識高い系」、
起業したり發信したりと精力的に活動している「意識の高い人」、
そして家で水曜どうでしょうを延々とリピート再生してゲラゲラ笑っている「バカ」が僕です。

そして僕の話になってしまいますが、少し角度を變えて見てください。
こんな感じで毎日ふらふらやってますが一應こう見えても個人事業主です。つまり起業してます。
お陰樣で去る5月には「#名畫で學ぶ台灣」が人氣を博しテレビ出演を果たし、
ムンクの叫びの物真似を台灣中のお茶の間に晒しました。
Twitterがメディアだと言うなら、僕だって立派な「發信者」です。

さて、バカが急に意識の高い人になってしまいました。

何を言いたいかと言うと、日本人學生が意識を意圖的に高く保つ必要は無いのです。
ぶっちゃけ台灣で學生やってる時點で皆さん偉いです。

台灣で學生やってる日本人だって皆さん普通の人間です。毎日うんこぶりぶりしてます。
中には背伸びしている方も居るかも知れませんがそれはそれ。
本當に凄いことやってる人って、一周回って絡みやすかったりするもんです。

ですから皆さんも無理に背伸びはせず、自然體で居てください。
人間、自然體で發揮出來る力が一番強いもんなんです。

 

3. 台灣に來る皆さんに、覺えておいて欲しいこと

 


100%新鮮でした。今は…?

 

1元=4円で計算するとちょっと節約出來ます。
弁當一つ60元、一日の食費は200元がベストです。
トイレに紙は流さない方が良いですし、その辺の自動販賣機は100元紙幣を受付けてくれません。八方雲集は良いぞ。

…なんてことは置いといて、ちょっとだけ皆さんに考えてもらう話をさせてください。

台灣で出會う多くの方にとって皆さんは、人生で初めて會話する日本人です。
謂わば、皆さんは台灣人一人ひとりから日本人の代表として見られます。

逆の立場を考えてみてください。
皆さんに初めて、ある外國の友達が出來たとしましょう。
皆さんはその友達とどんな會話をしますか?
もちろん、その國ことについて知りたいと思う筈です。
この考え方は誰でも一緒です。
初めての日本人の友達である皆さんに台灣人が聞きたい日本の事は山程あります。

それについて皆さんはどこまで答えられる自信がありますか?

日本の歷史、文化、習慣、宗教、政治について、皆さんはどこまで知っていますか?

もちろん、これが分からない奴は海外になんか來るな!なんて訳はありません。
ただ、これらの事柄について大まかで良いので知識を持っておくと台灣での生活がより一層充實した物になるでしょう。

そして、これらの事柄について自分の立場を持つように出來るようにすればパーフェクトです。
ただし、他人と積極的に議論するかどうかは、ご自身の選擇として殘して置いてください。
世の中には議論に適する場面とそうでない場面があり、適する相手とそうでない相手が居ます。
特に真反對の立場の方と真正面からぶつかり合う事は、時に大きな軋轢を生みます。
Twitterでは日夜持論を戰わせているユーザーが多く居ますが、あれが正しい在り方なのかどうか。僕は少し疑問を感じています。

意見を持つ事と議論をする事は全く別の行為です。
そこを上手く區別し、自立した意見を持ち自立した行動の取れる人間こそが、
僕達の目指すべき姿なのではないかな、と僕は思っています。

最後に、もう一つだけ皆さんへのお願いです。

海外に出るからには、日本人としての誇りを忘れないでください。

正直、今の日本の社會は手放しに褒められたものではありません。
おもてなしを對外的に押し出しつつも外國人への對應はまだまだ閉鎖的ですし、勞動環境も最惡です。
消費税は増税するし、オリンピックも招致したは良いもののその後はグダグダ、
家電やITの世界でも中國に易々と先を越され、技術立國日本の時代は終わってしまいました。
こんな國に將來なんて無い、一刻も早く逃げ出さなければという方々の氣持ちも十分に理解できます。

これだけ聞くと日本はまるで奈落の底に落ちたかのようですが、それでも、日本は今でも外國の憧れの的です。
日本は今でもアニメやゲーム等の文化の最前線であり、神社や和服等の傳統文化や日本料理も世界中で好まれています。
そんな特殊な國に對する外國人の憧れはきっと皆さんの想像以上でしょう。

僕は台灣に來てから、日本は良い國だ、日本人は良い人達だ、私は日本のことが大好きだ、
という人の聲を何度もこの耳で聞いてきました。
ご存知の通り、台灣にとって日本は特別な國です。
1895年から1945年まで續いた日本の統治は、光と陰の兩方の影響をこの島にもたらしました。
全てが良い事だった訳ではありません。
だからと言って、全てが惡い事だった訳でもありません。
當時の日本は台灣と朝鮮を始めとした東アジア及び南洋の島々に大きな影響を與えました。
その國の人達が言う「私は日本が好きです」という言葉の裏には、一言では語り盡くせない程の想いが込められています。

戰爭が終わった後も、日本はアジアの國々に經濟支援を續けてきました。
もちろん今あるアジアの國々が存在出來ているのは日本のお陰、という理論ではありません。
經濟支援の有無に關わらず、
最終的に今の國の安定と發展を勝ち取ったのはそれぞれの國で盡力してきた國民一人ひとりのお陰です。

それでもアジアの國々の皆さんは、日本が窮地に陷った時にとても親切にしてくれます。
先の東日本大震災では台灣の所得からは考えられない程の民間からの支援があり、
他の國々からも數え切れない程の支援を我々は頂きました。
それは、各國の國民の皆さんが日本を身近に、親しく思ってくれているからこそ困った時に助けてくれたのだと僕は思っています。

ですから、そんな憧れの的であり、親しく思われている日本のいち國民として、
いち日本人として、自分の母國を誇りに思って頂きたいのです。
誇れる所は誇り、省みる所は省みる。是々非々で色々な問題を考えて欲しいと思います。

今の日本が抱えている樣々な問題も、日本を良くしようという志のある人間が存在しなければいつまでも惡化する一方でしょう。

そして、日本の社會はいつも外からの風を受けて變化してきました。

皆さんはそんな外の新鮮な風を送り込む役を擔う事が出來ます。
いつだって社會の仕組みを變えるのは海外出戻り組なんです。
もし皆さんの中で日本を良くしたいという方がいらっしゃったら、まず日本の良い所・惡い所をしっかりと把握し、
台灣での生活の中で台灣や他の國の良い所を澤山取り入れて來てください。

次の未來を擔うのは我々の世代です。

 

4.まとめ

 


皆大好き金玉。

 

さて、長々と書いてしまいましたが如何でしたでしょうか。
大きくまとめてみると、

・台灣は怖くない!意外と何とかなる!
・意識高くなくても海外には出られるよ!
・日本のことについて色々と知っておこう!
・日本人としての誇りを持ってください!

要点はこんな感じです。
この文章が少しでも皆さんの台灣の大學への進學に對するハードルを下げ、かつ物事の考え方の手助けになれたなら幸いです。

この文章で初めて僕を知って頂いた皆さん、普段はこんなクソ真面目なキャラじゃないので安心してください。
Twitterで飯の寫真と犬の寫真を上げてXiaomi(中国のスマホメーカー)を布教してムカつく奴にうんこ投げたりしてます。

先にも書きましたが、台灣の大學への進學についてもし惱んでいる方がいらっしゃいましたら、お氣輕に聲を掛けてください。
台灣の實情とか大學選びの事とか相談に乘ります。

何だかんだ台灣は樂しいですよ!飯も美味いし南國だし正體字エモいし最高です。
皆さんと台灣クラスタとして關われる日を心待ちにしています!
ではでは!!

執筆 のこのこ 平成30年11月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です